初診の方へ・・・私、『ゴッドハンド』ではありません

  

いつからゴッドハンドだのカリスマなんていう気持ち悪い言葉が流行ったのでしょうか。
思い起こせば美容師のブームの頃かと。
キムタクが美容師役を演じたドラマがありましたがあのあたりからのように記憶しています。

美容師業界でもてはやされたこの言葉。
いまだに使われていますね。

そして我々整体の業界でもいつの間にかゴッドハンドやらカリスマなどという言葉がありふれてきました。
ありふれた時点でその言葉自体がダサいんですけどね(笑)

DVDや雑誌などでもゴッドハンドという安っぽい言葉を使って特集が組まれたりしています。
たまに雑誌社から営業のメールが来るのですが女性誌の1ページで50万円くらいで載せてもらえるようです。
そして翌々月の雑誌でゴッドハンド整体院特集のページで紹介されちゃうんですね。
高いのか安いのかわかりませんが事実その枠を買っちゃうゴッドハンドになりたい芸人(笑)やカリスマ希望者もいます。
憧れている『先生』にとっては安いのかな?

そして・・・
雑誌に掲載されました!
って言ってその雑誌のコピーが院の壁にベタベタ貼り付けられているのではないでしょうか。
なぜか原本の雑誌はそこに無い(笑)
そしてそれはかなりの確率で色褪せている。。。
もはや過去の栄光でしかない。。。

僕はこの整体業界で教材となるテクニックや考え方をシェアしているDVDを多数発売しております。
おかげさまで出すDVDは常に業界の売れ筋になりました。

しかしそういう活動をしていると『コトーの認知度』が業界のみならず、YouTubeなどを通して一般の方にまで伝わるような時代になっています。
そうするといつの間にか『ゴッドハンド』などというとても恥ずかしいキャッチコピーを付けられることも出てきました。

これを言われるたびに全力で否定し続けています。
神の手、だなんておこがましいです。
だいたいダサい(笑)

僕は『ただの整体師』です。
神ではありません。
しかも何回かのお時間をいただき、地道に改善に向かわせるような当たり前の整体しか提供していません。

何年もほっといた身体やドクターから手術を勧められている怪我の部類、関節の変形症を1回で治せ、などという暴言は聞きたくありません。
人間は機械ではないしそれまでのその方の歴史なのです。

奇跡を求めての来院はがっかりさせることになると思うので1回でとんでもない症状が改善するような奇跡は期待しないでください。

僕はひたすら皆様の全身の関節のバランスを取ることだけを考えて施術しています。
あらゆるテクニックや知識は惜しみなく出します。
ベストを尽くします。

僕はそれをご理解の方のご来院を希望しています。
時間の許す限りこのホームページを読んでいただき当サロンの方向性、理念、概念などのご理解をいただいた方のみお待ちしております。