頭蓋骨調整について

  

IMG_0196

ソレシカの頭蓋骨調整について

ソレシカでは私コトーが2014年1月に発表した『ことう式あたまの整体®』の理論により施術しております。
(他の整体を検索して『あたまの整体』という言葉は私がオリジナルで考え出したものですのでニセモノにお気をつけください)

最初はみなさん頭蓋骨の調整ということでビックリするようです(笑)
「え?頭蓋骨を調整するの?」
「頭蓋骨って動くの?」
クライアントからだけではなく同業者からもそのような声を聞くことがあります。

調整を入れる場所としてはちょっと意外な箇所だと思われるかもしれませんね。

頭蓋は日常語として一般に「ズガイ」と読まれておりますが解剖学用語では「トウガイ」と読みます。

一般の方には誤解が多いのですが頭蓋骨はヘルメットのように1個の丸い骨でできているわけではありません。
さらに言えば頭蓋骨は硬いかたまりではなく呼吸をするたびにリズミカルに動いていて以下の図のように23個の骨が縫合によって結合し1つの頭蓋骨を形成しています。
頭蓋骨とは言わば3Dの立体的なパズルのようなものです。

逆に言うとそのような動く構造なので頭蓋骨がズレてくるのです。
この動きの悪さやズレた個所が多くなってくるとカラダ全体に様々な障害が生じてくる可能性が出てきます。
それはカラダ全体に影響してきます。

また頭蓋骨は全身の骨や関節と対応する場所があります。
いわゆる「ツボ」とは違いますが、まるで頭蓋骨には全身の地図があるように僕には感じられます。

頭蓋骨を調整すると足首が動くようになったり、膝の痛みが取れたり、背中の違和感が取れたり、肩コリがなくなったり、骨盤の向きや位置までも変えられます。
つまり頭蓋骨から全身が調整できるということなんです。

不思議ですよね?(笑)

その逆に手や足から頭蓋骨の位置を変えることも可能です。

ズガイコツの硬さ=カラダのゆがみ

と言っても過言ではないでしょう。

そして同時に顔のゆがみも=カラダのゆがみと言えます。

しっかりと動くズガイコツを作るとカラダの違和感や顔のゆがみから解放される可能性が高いのです!!

そこに着目した新しい概念での頭蓋骨及び全身調整の施術に当たります。


IMG_1913頭蓋骨の調整って痛いの?

ズガイコツの施術って痛いですか?
と聞かれることもありますが私コトーが調整するやり方ははほとんど痛くありません。

顔面をグイグイ押したりするような乱暴でセオリーを無視した施術ではなく軽く触れたり擦ったりという負担の少ない施術です。

ほとんどの方が施術を受けている際にウトウトしたりいびきをかいて寝てしまったり、という程度の軽い調整です。
特に疲れていた方やカラダのゆがみが大きかった方ほど眠りに落ちてしまう傾向にあります。

また、ズガイコツというのは強い刺激を与えると逆に硬くなってしまいます

よくリンパマッサージなどで強く押されることがあるかもしれませんが一瞬は引き締まることがあるのですがその後数時間が経過するとその刺激が呼び水になって顔面骨が硬くなり結果肩こりや頭痛、腰の痛みなどの全身に不調が広がることがあります。

それだけでいいの?というくらいの気持の良い程度の刺激で十分であると考えております。
このようなノウハウは他の頭蓋骨調整ではないかもしれませんね。


頭蓋骨や顔のゆがみが起こす現象

1. 顔が横に大きく見える

頭蓋骨の一部がズレると顔の左右にある側頭骨という骨が外側に張り出し、顔が大きくなったような感じになります。
人によっては1cm以上も横に張り出している方も少なくありません。
自分の顔もよく観察してみましょう。
(顔がアップで写った写真を逆さまに見てみるとよくわかりますよ)

2. 顔のシワ、たるみ、クマ

頭蓋骨のズレは歯の噛み合せにも影響し、顔やアゴがゆがむ原因となります。
さらに首から上のリンパや血流の流れが悪くなることにより目の周辺のシワやたるみ、クマの原因となります。

3. 首のシワ、たるみ

頚椎(けいつい…首の骨)のゆがみや圧迫により、椎間板(ついかんばん)に負担がかかり首が短くなったような形になり首周辺のシワやたるみとなって現れる場合があります。

4. ほうれい線や二重アゴ

頭蓋骨がゆがむとアゴや頬についている筋肉がアンバランスになります。
よって頬にたるみが生じ、鼻の横口角の脇のほうれい線が片方だけしっかり浮き出たり濃く出る原因となります。
さらにアゴの下の筋肉がアンバランスになり、二重アゴの原因ともなる可能性があります。

5. 呼吸が浅くなる

鼻の奥が圧迫されたり肋骨や背中が動かなくなり呼吸が浅くなります。
呼吸が浅いということは・・・
つねに人間のカラダがストレスを受けた状態となります。
頭蓋骨の調整から呼吸をラクにしてカラダを苦しさから解放してあげましょう。

6. 偏平足や足の痛み、違和感

頭蓋骨のある一部がズレると脚(足)にも影響が出てきて偏平足になったり膝の痛みが出たりします。

7. イライラや不定愁訴

頭蓋骨のズレはホルモンバランスを崩したり不眠の原因となることもあります。
すると…わけもなくイライラしたり人に当たったり。
自分のカラダの不調が原因で人間関係まで悪くしてしまってはいけませんね。
更年期障害と診断された方もほぼ100%頭蓋骨が硬くなっております。
更年期障害を和らげるお手伝いもさせていただきます。

9. 不妊症
年々不妊症の方も増えております。
晩婚化はもちろんですが現代人の生活の質(PCやスマホの多使用など)が一時代前とは変わってきていることが原因のひとつです。
いわゆる妊娠しづらい方の特徴のひとつとして骨盤もそうなのですが特に頭蓋骨に問題のあるケースがほとんどです。
頭蓋骨をさわるとその方の精神状態やストレス具合、ホルモンバランスの良さなどもチェックできます。
中には妊娠のタイミングを計ってゴーサインを出して見事妊娠というケースもいままで何件もあります。
不妊でお悩みの方であれば骨盤調整だけでなくぜひ頭蓋骨調整をオススメ致します。

8. 腰痛、肩こり、膝の痛み、O脚も???

先にも書いたとおり頭蓋骨のゆがみは全身にも影響します。
それもかなりの確率で。
今まで整体で頭蓋骨を調整したことがなければそれは骨格でも一番大事な部位を調整していないのですから言ってみれば片手落ちの施術だったともいえるかもしれません。

ここに挙げた事例はほんの一部です。
現在も引き続きさまざまな角度から頭蓋骨の研究を行っております。
以上のような方は未体験の頭蓋骨調整をオススメします。


顎関節症との関係

顎関節に関わる症状に悩まされている方は想像以上に多いです。
顎に痛みがあるとどうしてもアゴの関節ばかりに目が行きがちですがそこだけが悪くなっているということはまずありません。

顎関節の痛み・違和感は全身のゆがみの結果なのです。

特に頭蓋骨の影響が大きいと言えるでしょう。

もちろん原因は頭蓋骨のズレや骨格、筋肉だけではなく他にもあります。
・精神的ストレス
・最近歯科治療を行っている(行っていた)
・歯列矯正をやっている(やっていた)
・インプラントが入っている
・昔ひどい足首の捻挫をしている
・ぎっくり腰の経験がある
…など数え挙げたらキリがありません。
じっくりとあなたとお話をしながら原因の究明、ならびに改善を目指します。

またアゴのゆがみは顔のゆがみにもなってしまいます。
自分が写った写真を見て顔のゆがみにご自身でお気づきの方も多いでしょう。

さらに顎関節の痛み、違和感を放っておくと自律神経がうまく働かなくなりそこから頭痛やイライラ、耳鳴り、不眠や無呼吸、女性であれば生理痛や生理不順など女性特有の問題が出てきやすいものです。

そうなる前にアゴだけに着目した施術ではなくズガイコツを中心としたトータルのバランスを取りながら顎関節の調整を入れるのも大事なことと考えています。